サンクスカードをマンネリ化させないためには

こんにちは!社内コミュニケーション向上委員会です。

 

サンクスカードアプリを導入された企業様から、ときどきこのような声をいただきます。

・最初はかなり流通枚数が多かったのに、数か月たって激減してしまった…。

・書いてくれる人と書いてくれない人がいる…。

みなさん最初は素直に楽しんで送り合ってくれていても、気付けばマンネリ化してしまった・・・ということです。

一方で、サンクスカードの仕組みが長年定着している企業様もいらっしゃいます。

なぜこのように差がうまれるのでしょうか。

 

サンクスカードの取り組みをマンネリ化させないために、私たちがお伝えしたいポイントは、この3つです。

 

①目的を明確にする

何のためにサンクスカードを導入するのでしょうか?

少なくとも目的をきちんと認識していなければ、効果を出すことはできません。何のためにサンクスカードを送り合うのかを明確にして、組織全体でしっかり共有しましょう。

 

当社NSKKでは、会社のルールブックとして使用している経営計画書にこのように記載しています。

1.サンクスカードの意義

サンクスカードは、感謝の気持ち、ありがとうの気持ちを形にして渡すことで感性を磨き、

社内のコミュニケーションを活発化するために行う。

 

サンクスカードの導入を検討したときに、あなたの企業にはおそらく何か課題があったはずです。それを思い出してみてください。

・社内コミュニケーションを活性化させ、風通しの良い組織にしたい。

・周りに感謝する企業文化を根付かせたい。

・部下の小さな行いを褒めることで、モチベーションを向上させたい。

このような目的のためにサンクスカードを使うのだということを、少なくとも部下を持つ社員には理解してもらう必要があるでしょう。

 

②効果を見える化する

目的がわかっていても、その結果がわからなければ、取り組みに対するモチベーションも下がっていくでしょう。サンクスカードによる社内コミュニケーションを見える化することで、取り組みの効果を全員で実感し、マンネリ化を防ぎましょう。

 

見える化といっても、簡単なことからでいいのです。

一番多いのは、送受信件数ランキングです。誰がたくさん送っていて、誰がたくさんもらっているのか。毎月ランキングにして掲示したり、社内SNSで共有したりする企業様が多くいらっしゃいます。

 

他にも、流通したカードをランダムで選んで、カード一覧ポスターにして毎月掲示する、というサービスもございます。手書きのサンクスカードが一覧で掲示されていると見た目にもにぎやかなので、社内だけでなくお客様や取引先、銀行の方や学生へのアピールにもなります!

また、当社のサービスで、各部署、役職ごとに流通枚数を分析する「サンクスドリブン」というサービスもございます。掲示するのではなく、社長や幹部社員で共有し、毎月チェックすることで、社内のどこがうまくいっているのか、逆にどこに問題があるのか、ということに気付けるようになります。

 

このように色々な方法がありますので、どのように見える化をするのが良いかお悩みの方は、ぜひご相談ください。

 

 

③運用ルールを決める

誰がいつ、どんな内容で使うのか、ルールを決めることは必然です。

 

・誰が使うか?

私たちは、雇用形態や役職や部署に関係なく、社内全体で導入することをおすすめしています。何らかの事情で全体での導入が難しい…というお客様のお悩みも今までたくさんお聞きしてきましたが、様々な方法で解決してきました。そういった事例もございますので、ぜひ私たちにご相談ください。

 

・いつ使うか?

勤務時間中でもOKなのか、それとも勤務時間外に送り合うのか。人によって認識が違うと、不満にもなりかねません。こういったこともルールにしておきましょう。

 

・どのような内容で?

あまり細かく決める必要はないかと思いますが、例えば当社の場合、「いつもありがとう」というサンクスカードは禁止です。

 

・送信枚数は?

会社でルールを作るときに、目標枚数や、最低送信枚数を決めて、ある程度強制させるということもポイントです。目標枚数に達した場合は評価ポイントを加算する、最低枚数に達しなかった場合は何らかの罰則を与える・・・など。

感謝することを強制させるというのは変な気もしますが、良いことは強制させてでもやらせるべきだと私たちは考えています。最初は強制的にやらされていることでも、実際にもらってみたら嬉しかったり、モチベーションがあがったりするものです。

 

以上3点が、私たちがサンクスカードをマンネリ化させないためのポイントと考えていることです。

いずれも簡単なことから始められますので、もしマンネリ化してしまった、もしくはまだ導入してないけれど定着するか心配・・・という方は、ぜひ一度私たちにご相談ください!一度失敗されている場合も、一から導入のサポートをさせていただきます。

 

せっかくサンクスカードという良い取り組みをされるのですから、その効果を出して、社内コミュニケーションの活性化につなげていきましょう!

 

サンクスカードをマンネリ化させないためには

サンクスカードをマンネリ化させないためには

お申し込み
〜導入までの流れ

申し込みフォーム送信

申し込みフォームから内容の記入をお願いします。

お申し込みフォームへ

利用者情報一覧表を提出

利用者情報一覧表をダウンロードしていただき項目をご記入後、弊社のセキュア通信システムを通じご提出いただきます。

利用者情報一覧表をダウンロード

利用者情報一覧表を提出する

担当営業から連絡

弊社担当営業からすぐにご連絡。お申し込み内容を確認させていただきます。

弊社にて登録作業後、運用開始

登録作業完了後にご連絡差し上げます。お客様からの必要ファイルを受領後、最短5営業日で運用開始になります。

loading