リモートワーク中の社内コミュニケーションはどうしたらいい?

01. リモートワークの最大のデメリットは社内コミュニケーションの減少
02. リモートワークだからこそやらなければいけない方法がある
03. サンクスカードアプリで社内コミュニケーションの良いきっかけに
04. 1対1のオンラインミーティングで気長に話しやすく
05. リモートワークでのイベントで社員と仲良く過ごそう
06. 休憩時間はビデオ通話機能で談笑しながら

 

社内で普段通り仕事をしている時と、リモートワークで仕事をするのでは状況がおおきく異なります。
一番の違いは環境の変化ではないでしょうか。
仕事をする場所が会社から自宅、またはカフェなどの場所に変化することです。
この場所の変化によって生産性、集中力が変化してプラスに働く人もいればかえって集中力が低下して社内で仕事をしている方が良いと言う方もいます。
そのリモートワークの中で問題として上げられているものがあります。それが社内コミュニケーションが減少しているという事です。その対策を考えていきましょう。
 
PC画面を見る
 

 
 
 
 

リモートワークの最大のデメリットは社内コミュニケーションの減少

リモートワークを行うことで社内コミュニケーションが減少してしまう理由として、一人で行う作業が多くなるという理由が大きいです。
今までは上司をはじめ他の社員に報告、連絡そして相談を随時行っていたと思いますが、リモートワークだと周りに誰もいません。
そのため自分のやる仕事内容を、ただひたすらこなすだけという状況が生まれてしまいます。このことが理由で社内コミュニケーションが減ってしまうことがわかります。
その他の理由として社員の勤務時間が異なる、質問からの応答にかなりの時間がかかってしまう、業務の進行が遅くなるという理由で社員同士のコミュニケーションが少なくなっていくという結果があります。


 
 
 
 

リモートワークだからこそやらなければいけない方法がある

リモートワークで仕事を始める前に社内でミーティングを行いましょう。内容としては誰が何の仕事を行うか、仕事をする際に注意すべきことは何か、突発の仕事が増えたときは誰がどのように対応するかなどしっかり話し合うことが大切です。
ミーティングを行う事で思わぬトラブルの未然防止につながります。誰が何の仕事をしているかを把握しておくことで状況を予想しやすくなるのではないかと思います。


 
 
 
 

サンクスカードアプリで社内コミュニケーションの良いきっかけに

社内コミュニケーションを円滑にする方法の1つとして、サンクスカードという制度があります。サンクスカードとは相手に感謝することを、気持ちにしてカードにして渡すという制度です。ポイントカードサイズのカードに「仕事を手伝っていたき、ありがとうございました。」と書いて相手に渡すというものです。サンクスカードにはもらった相手のモチベーションを高める効果があります。社員間にサンクスカードを送り合うことで、誰もが気持ちよく仕事を送れるという仕組みです。
ですがリモートワーク中であれば社員が実際に会うのが難しく、サンクスカードも同様です。このような時に始めやすいのがサンクスカードアプリです。
サンクスカードアプリというのは名前の通りサンクスカードをアプリ化したもので、スマホで書いて直接相手に送れる仕組みになっています。
カードを用意する必要もありませんので、新しく導入するのはいかがでしょうか?
 
サンクスカードを書く2
 

 
 
 
 

1対1のオンラインミーティングで気長に話しやすく

社内コミュニケーションの1つとして1対1のミーティングがあります。内容としては上司が部下の話を聞く場として設けるというイメージが大きいと思います。中には時間を作るのが難しい、環境の問題で実施できなかったということもあるのではないでしょうか。リモートワークであれば気軽に気遣いもなく実施しやすいと思います。上司が部下の悩み、意見を聞く場として社内コミュニケーションを取る手段としてでもよいですが、好きな人同士で行い談笑する事でも仕事へのモチベーションを上げることができます。そのあと、サンクスカードで「ミーティングありがとうございました!」と送り合うのも気持ち良いのではないでしょうか?


 
 
 
 

リモートワークでのイベントで社員と仲良く過ごそう

自粛の圧力で予定していたイベントや行事が延期、中止になることが多く、それが社内コミュニケーションへの悪い影響につながっていくこともあります。
そうなってしまうのも仕方がないという考えもありますが、リモートワークであれば周りに迷惑をかける可能性も低いので実施してみるのも良いと思います。例として、

・飲み会などの食事会
・ゲーム大会
・社内での発表会
・研修

などをリモートワークで行うことが可能です。
特に食事会などは各自自分が好きなものを用意して紹介しあうだけでも、社内コミュニケーションを盛り上げることができると思います。


 
 
 
 

休憩時間はビデオ通話機能で談笑しながら

リモートワークでの仕事時の休憩時間に、他の社員とビデオ通話でつながって社内コミュニケーションを積極的に取るようにしましょう。リモートワーク中は社内で仕事をしているときとは違い、周りの環境が異なります。仕事をしているという意識を持つという意味でも誰かと一緒に社内コミュニケーションを取るのが大切です。
リモートワークでは社内コミュニケーションが不足しがちになってしまいます。一人で仕事をしているとは思わずに、社員の人と多くコミュニケーションを取ることを心がけましょう。
 
 

リモートワーク中の社内コミュニケーションはどうしたらいい?

リモートワーク中の社内コミュニケーションはどうしたらいい?

お問い合わせはこちら

会社名*必須

会社名カナ

ご担当者名*必須

ご担当者名カナ

連絡先電話番号

Email*必須

確認Email*必須

お問い合わせ種別

お問い合わせ内容
*必須

個人情報保護方針

お申し込み
〜導入までの流れ

申し込みフォーム送信

申し込みフォームから内容の記入をお願いします。

お申し込みフォームへ

利用者情報一覧表を提出

利用者情報一覧表をダウンロードしていただき項目をご記入後、弊社のセキュア通信システムを通じご提出いただきます。

利用者情報一覧表をダウンロード

利用者情報一覧表を提出する

担当営業から連絡

弊社担当営業からすぐにご連絡。お申し込み内容を確認させていただきます。

弊社にて登録作業後、運用開始

登録作業完了後にご連絡差し上げます。お客様からの必要ファイルを受領後、最短5営業日で運用開始になります。

loading