テレワークでわかる社内コミュニケーションの変化とは ~社内 コミュニケーション テレワーク~

01. テレワークでわかる社内コミュニケーションの変化とは?
02. テレワークを行うことで分かるこれまでの仕事との違い(メリット・デメリット)
03. テレワークは人と社内コミュニケーションを取ることが減ってしまう!
04. 社内コミュニケーション低下を防止する鍵はサンクスカード(アプリ)にある!
05. 定期的にビデオ通話などでコミュニケーションを取ろう
06. テレワークでも社内コミュニケーションは大切に

 


 
 
 
 

テレワークでわかる社内コミュニケーションの変化とは?

仕事をする方法の一つとしてテレワークが主流になって2年以上の年月が経過しました。
これまで社内で仕事をしていた人がテレワークに変更したことによって、大きな環境の変化となりました。
今回はテレワークが社会にもたらした変化と、その変化で新たにうまれた社内コミュニケーンのとり方についてご紹介します。


 
 
 
 

テレワークを行うことで分かるこれまでの仕事との違い(メリット・デメリット)

テレワークは、自宅、もしくはカフェなどの会社とは別の場所で作業することです。テレワークの主な違いとしては、やはり会社と別の場所で作業することによって環境がらりと変わってくることです。
その環境の変化によってわかるメリットとして、

・人が周りにいないことで集中力が上がる。
・通勤時間がなくなることで時間の確保ができる。
・育児、介護と両立がしやすくなる。

といったものがあります。
このようなメリットがあることでテレワークを導入する会社も増えており、新しい働き方の一つとして認知されました。
一方で、テレワークにはデメリットも存在します。

それが、
・緊張感が薄れてしまい、逆に集中力がなくなってしまう。
・時間の管理ができず、生産性が落ちる。
・社員同士のコミュニケーションが取りにくくなってしまう。
・社員の現状確認が取りにくくなってしまう。

というものがあります。
テレワークのデメリットとして最も問題視されているのがこの社内コミュニケーションの減少です。
ではなぜ、社内コミュニケーションが不足してしまうのでしょうか?


 
 
 
 

テレワークは人と社内コミュニケーションを取ることが減ってしまう!

テレワークの特徴の一つに「一人で仕事をする環境になる」というのがあります。
普段、社内で仕事をしているときに他の社員とおこなっていた意見交換や、分からないことを聞くことが必然と減ってしまいます。
チャット機能やビデオ通話機能があるとはいえ、基本一人で仕事を行うことになるので社内コミュニケーションが減ってしまう原因になってしまいます。
社内コミュニケーションの減少で仕事の質の低下、思わぬトラブルの原因になってしまうことにつながりかねません。
テレワークを行っている状態でも社内コミュニケーションはしっかりと取っていく必要があります。
その社内コミュニケーション不足対策として、「サンクスカード」制度をおすすめします。

リモートワーク


 
 
 
 

社内コミュニケーション低下を防止する鍵はサンクスカード(アプリ)にある!

サンクスカードとは名刺サイズの小さなカードに感謝の気持ちを書いて相手に送る制度のことです。

サンクスカードの例として
・「仕事を手伝ってくれてありがとう!」
・「お話に付き合ってくれてありがとう!」
・「今日も一日安全に作業してくれてありがとう!」

というような文章を書いて送ります。
もらった相手のモチベーションを高めることの他に、コミュニケーションを円滑にするきっかけ作りにもなります。
逆に自分ももらえることで同じような効果を得られます。
テレワーク中に新たなコミュニケーションツールとして、取り入れてみるのがおすすめです。
テレワーク中は直接カードを相手に届けるのが難しいです。
そのような時に使用できるのがサンクスカードアプリです。
サンクスカードアプリは名前の通りサンクスカードをスマホアプリにしたものです。
サンクスカードをスマホで書き、スマホで送りあうことで社内コミュニケーションを円滑にすることが可能になっています。
例としてテレワーク作業が終わった後に「今日一日ありがとうございました!」とお互いに送りあうことで、社内コミュニケーションに良い変化があるのではないでしょうか?


 
 
 
 

定期的にビデオ通話などでコミュニケーションを取ろう

サンクスカードももちろん大切ですが、社内コミュニケーションに大切なのは実際にチャット機能やビデオ通話機能で社内コミュニケーションを取ることです。
実際に文章や画面上で社内コミュニケーションを取ることで安心感を得ることができます。テレワーク中でも一緒に仕事をしている社員に質問や意見を出せるようにすることで仕事もスムーズにはかどることができます。
他には、談笑するための時間を作ることも社内コミュニケーションには欠かせません。
休憩時間は全員、もしくはいくつか人数を分けてチャットの部屋を作り社員の人同士で定期的にコミュニケーションを取ることで話したいときにすぐに話せる関係にすることが大切です。
終わった後にサンクスカードアプリで「休憩時間の雑談、ありがとうございました!」と送り合うのがおすすめです。


 
 
 
 

テレワークでも社内コミュニケーションは大切に

テレワークが主流になった今、コロナ禍が続いている状態ではあるため今後もテレワークを行う機会が増えていくことになると思います。
そのような状態で離れた場所で仕事をするようになったとしても社内コミュニケーションを欠かさないようにし、新たにサンクスカードアプリで普段話さない人とも更に社内コミュニケーションの輪を広めていくようにしていきましょう。

 

テレワークでわかる社内コミュニケーションの変化とは ~社内 コミュニケーション テレワーク~

テレワークでわかる社内コミュニケーションの変化とは ~社内 コミュニケーション テレワーク~

お問い合わせはこちら

会社名*必須

会社名カナ

ご担当者名*必須

ご担当者名カナ

連絡先電話番号

Email*必須

確認Email*必須

お問い合わせ種別

お問い合わせ内容
*必須

個人情報保護方針

お申し込み
〜導入までの流れ

申し込みフォーム送信

申し込みフォームから内容の記入をお願いします。

お申し込みフォームへ

利用者情報一覧表を提出

利用者情報一覧表をダウンロードしていただき項目をご記入後、弊社のセキュア通信システムを通じご提出いただきます。

利用者情報一覧表をダウンロード

利用者情報一覧表を提出する

担当営業から連絡

弊社担当営業からすぐにご連絡。お申し込み内容を確認させていただきます。

弊社にて登録作業後、運用開始

登録作業完了後にご連絡差し上げます。お客様からの必要ファイルを受領後、最短5営業日で運用開始になります。

loading