NSKKの第26期サンクスカード大賞!

サンクスカードを導入されている企業のみなさま、褒章の仕組みは取り入れられていますでしょうか。
NSKKでは、毎月送信・受信枚数1位のスタッフには社長賞が出ます。
それだけでなく、年間送信枚数1位のスタッフには、年間サンクスカード表彰があります!
今回は、前期の年間送信枚数No.1、年間2,115枚のサンクスカードを送信したスタッフにインタビューしてみました。


コミュニケーションサポート事業部 営業サポートチーム
新卒入社3年目の政廣さんです。

普段、どういうときにサンクスカードを書いていますか?

休憩中が一番多いです。あとは帰り道の電車の中や、家に帰ってベッドに横になったときに、今日一日のことを思い出して書いたりとかですかね。
ほぼ毎日、2~3枚は書いてます。

どんな内容のサンクスカードが多いですか?

一番多いのは仕事のことですね。上司、先輩に教えてもらったこととか、助けてもらったことに対してのものが一番多いです。
また、会社の人との飲み会や、ご飯に行ったりすることも多いので、そういうことに対してのものもあります。

月に100枚以上のサンクスカードを送り続けられる秘訣はありますか?

最初は、毎月「送信枚数1位」を取りたい!と思って頑張ってました。もちろん年間の1位も狙ってました。(笑)
でも、そうやって毎日送っているうちに、周りの人も私に対してたくさんのサンクスカードをくれるようになったんです。それがうれしくて、もっと送ろうと思うようになりました。
やっぱり言葉で「ありがとう」と言うだけじゃなくて、サンクスカードも送ったほうが気持ちが伝わると思います。

もらってうれしかったお気に入りのカードを見せてください

同じ部署の先輩からもらったカードです。
手が込んでてカラフルでかわいくて、すごくハッピーな気分になりました!

直属上司からもらったカードです。
普段は厳しくても、こんなサンクスカードをもらったら、モチベーションがあがります!

サンクスカードを送るようになって、自分自身変わったと思うことは?

細かい感謝に気づくようになりました。それまでの自分だったら当たり前に見過ごしていたかもしれない小さな気遣いにも、感謝できるようになりました。
あとは、毎日感謝の気持ちを人に送り続けることで気持ちが明るくなり、もし仕事中つらいことがあっても笑顔でいられることが増えたように思います!

以上です!
サンクスカードの仕組みに、こんなふうに若手社員が前向きに取り組んでくれると盛り上がりますよね。掲示したり、報奨制度を運用したりして、どんどんサンクスカードを活性化していきましょう!

NSKKの第26期サンクスカード大賞!

NSKKの第26期サンクスカード大賞!

お申し込み
〜導入までの流れ

申し込みフォーム送信

申し込みフォームから内容の記入をお願いします。

お申し込みフォームへ

利用者情報一覧表を提出

利用者情報一覧表をダウンロードしていただき項目をご記入後、弊社のセキュア通信システムを通じご提出いただきます。

利用者情報一覧表をダウンロード

利用者情報一覧表を提出する

担当営業から連絡

弊社担当営業からすぐにご連絡。お申し込み内容を確認させていただきます。

弊社にて登録作業後、運用開始

登録作業完了後にご連絡差し上げます。お客様からの必要ファイルを受領後、最短5営業日で運用開始になります。

loading