部下のモチベーションを高めるには自己肯定感を知ってもらうことが大切

01. 部下の考えを知るために面談を行おう
02. モチベーションを高めるには気さくに接することも大切
03. 部下に対して自分にできることを考える
04. サンクスカードで部下のモチベーションを上げよう
05. 「他人は他人、自分は自分」と教えよう
06. 部下のモチベーションが上がれば仕事にも良い影響が出る

 
面談
 
一緒に仕事をする部下のことはしっかりと知っておくことが大切です。仕事の指示を出す際、部下の現在の状態を把握しておくことで思い通りに動くことができます。ですが部下に悩みがあるときモチベーションが低くなり、思い通りに力を発揮することができないときがあります。そのような時は部下に自己肯定感を知ってもらうようにすることが重要なカギです。
では部下との接し方、自己肯定感とは何かを紹介していきます。


 
 
 
 

部下の考えを知るために面談を行おう

上司は年に何回か部下に面談を行う機会があるかと思いますが、部下の様子やモチベーションが低いなと感じたら一対一で面談を行ってみましょう。部下が何か悩みを抱えた場合はそれに対して助言を与える方法、一緒に考えてみるという方法があります。
部下とは限らず人間の悩みとして「自分と相手を比べてしまう」というものがあります。相手というのは一緒に仕事をしている社員として、相手と比べて自分の仕事のスピード、質はおとっているのではないか?と考えてしまうことがあります。
その時に自分を考える必要があるのが自己肯定感というものです。自己肯定感というのは「現在の自分自身を受け止めることで、プラス思考で見ることができる考え」というものです。この自己肯定感を教えることで部下のモチベーションを高めることができることがあります。


 
 
 
 

モチベーションを高めるには気さくに接することも大切

部下とコミュニケーションを取る際は、リラックスさせるように気さくに話すことが大切です。面談時は、部下は緊張した状態で話すことが多いと思います。
そのため、自己肯定感とモチベーションを上げさせる方法は、普段から部下に対して気さくに話すことがポイントです。部下からの印象を良いものにするためにも普段、自分から話しかけてみる、リラックスさせるよう微笑でコミュニケーションを取る、話しを聞いていることをアピールするために合図値を打つといったことをしてみましょう。
部下もそうすることで自分の意見を話しやすくなると思います。


 
 
 
 

部下に対して自分にできることを考える

部下の悩みの中に先程説明した人と比べる自己肯定感に関する悩みの他に、

・自分を認めてほしい
・社内のコミュニケーションについての悩み
・物事をネガティブに感じてしまうこと
・物事に満足できない

というものがあります。
どれも仕事のモチベーションに関係する悩みとなり、長く続けば離職につながってしまう恐れもあります。自己肯定感を部下に教えてあげることでモチベーションを上げることができます。


 
 
 
 

サンクスカードで部下のモチベーションを上げよう


 
サンクスカードアプリ
 
サンクスカードは社内のコミュニケーションを円滑にするという意味で導入されることが多いサンクスカード。サンクスカードには送った相手のモチベーションを高めることができます。モチベーションが上がれば生産性の向上、離職率の低下にもつながるのでサンクスカードを導入してみるのはいかがでしょうか?
さっそく悩みを話してくれた部下に対して「悩みを相談してくれてありがとう。改善できるようにこれからも一緒に考えていこう!」と送ってあげることで部下の自己肯定感とモチベーションを高めることができると思います。


 
 
 
 

「他人は他人、自分は自分」と教えよう

他の人と一緒に仕事をする環境になると、他の社員をライバルに感じる部下も多いと思います。先ほど挙げた部下の悩みは全て他の人(社員)が関係しています。人と比べてしまうのは誰でもあることであると思います。そこで部下が悩んでしまい、仕事のモチベーションが低下してしまうことにつながります。
人なら誰しも悩むことではありますが、その時こそ自己肯定感を上げるため部下に「他人は他人、自分は自分」であることを教えてあげましょう。
自己肯定感を教えることで人は自分に対してモチベーションを上げることができます。自己肯定感を高めることで、自分に対してのマイナスな考えを払拭できます。その結果、仕事上のミスをしてしまった際に立ち直りやすくなり、何事もチャレンジする精神を持続させることができます。
この「他人は他人、自分は自分」という言葉は相手と比較することがなく自分自身であることを再確認することで自分のペースを保つことができモチベーションを高めることができます。
この考えは今後の自己肯定感を高めることにつながります。自分自身何かに迷うことや悩むことがあればこの考えを思い出してみると良いでしょう。


 
 
 
 

部下のモチベーションが上がれば仕事にも良い影響が出る

仕事は多くの人がかかわることで生産性が上がるものです。そのため、2人以上が関わることでライバル意識が芽生えるのも難しくはありません。ですがそれが悩みとなって仕事のモチベーションに響いてしまうともったいないことです。自己肯定感を大切にし、部下の悩みを定期的に聞いてあげることで仕事の生産性を上げることができます。
 
 
 

部下のモチベーションを高めるには自己肯定感を知ってもらうことが大切

部下のモチベーションを高めるには自己肯定感を知ってもらうことが大切

お問い合わせはこちら

会社名*必須

会社名カナ

ご担当者名*必須

ご担当者名カナ

連絡先電話番号

Email*必須

確認Email*必須

お問い合わせ種別

お問い合わせ内容
*必須

個人情報保護方針

お申し込み
〜導入までの流れ

申し込みフォーム送信

申し込みフォームから内容の記入をお願いします。

お申し込みフォームへ

利用者情報一覧表を提出

利用者情報一覧表をダウンロードしていただき項目をご記入後、弊社のセキュア通信システムを通じご提出いただきます。

利用者情報一覧表をダウンロード

利用者情報一覧表を提出する

担当営業から連絡

弊社担当営業からすぐにご連絡。お申し込み内容を確認させていただきます。

弊社にて登録作業後、運用開始

登録作業完了後にご連絡差し上げます。お客様からの必要ファイルを受領後、最短5営業日で運用開始になります。

loading