テレワークで心配になるコミュニケーション、その活性化方法がこちら!

01. テレワークではコミュニケーションの量が減ってしまう!?
02. これがあればテレワーク中でも安心!その活性化方法とは?
03. サンクスカードを導入してコミュニケーション活性化を試みよう
04. コミュニケーションの減少はトラブル発生の原因に!
05. コミュニケーションが活性化すればテレワークでも作業効率が上がる!?
06. テレワークが活性化することで社員増加のチャンス!

 

「テレワークが始まってから一緒に働く社員とコミュニケーションをとることが少なくなった…大丈夫かな?」
「いつもやっていた仕事がテレワークになってからやりにくい!コミュニケーションが減ったからかな?」
「今って他の社員に話を聞いてもいいのかな?テレワークになってから思うように話づらくなったような気がする…?」

今ではすっかり「生活の一部」として成り立っているテレワークですが、いまだに改善点が見られるということも事実です。
それが「コミュニケーションの現象です。」

仕事を行う上で他の社員と話すことが多い社内では気軽にできていたことですが、
テレワークに切り替わったことで難しいと感じることもあると思います。

ではコミュニケーション活性化に向けて

何が必要なのか考えていきましょう。


 
 
 
 

テレワークではコミュニケーションの量が減ってしまう!?


テレワークのメリットとして
いつでもどこでもパソコンとネット環境があれば仕事ができることがあげられます。

場所を選ばないので自分の好きな都合で仕事ができるのはよいことだといえますね。

ですがテレワークのデメリットというのが、
コミュニケーションが不足してしまうということがあります。

この理由として、

社内で仕事をするということではなくなり、
家などで作業することとなることから集中して作業できるという反面、
仕事の相談や話を聞いてほしいときに聞いてもらえないというデメリットがあるのです。

もちろん
パソコンでもチャット機能があるので
コミュニケーションをとることは可能ではありますが、
気付いてもらえないなどの場合も考えられます。

なのでコミュニケーション活性化の方法を考えなくてはいけません。

 
 
 
 

これがあればテレワーク中でも安心!その活性化方法とは?

テレワークでもコミュニケーションの量を増やす活性化方法として
オンライン〇〇というのがあります。

コロナ過になってからよく聞く言葉になりましたね。

テレワークでのコミュニケーション活性化方法というのが、

・オンラインでの社内イベント(オンライン飲み会など)
・社内報(ウェブ上で公開し、誰でも見やすくする)
・オンラインでの面談(上司と部下の評価面談など)
・コミュニケーションツールを新たに導入する

というものがあります。

テレワークになるとパソコンの作業に集中する印象が多いですが、
オンライン上でのイベントも主流になっています。

テレワークでもコミュニケーションがとりやすいようになっていますので。

社員同士が気さくに話せるように活性化させるように意識していきましょう。


 
 
 
 

サンクスカードを導入してコミュニケーション活性化を試みよう

「コミュニケーションを活性化させるためにはまずは何から始めたらいいの?」と
考える方にはまずサンクスカードを導入することをお勧めします。

サンクスカードとは、
コミュニケーションを円滑にするツールとして多くの有名な企業も導入している制度です。

その内容は
仕事上で会った感謝するべき内容を
名刺サイズのカードに書いて相手に送るというシンプルで簡単な内容です。

書く内容の例として、

・「探していた資料を送っていただき、ありがとうございます!おかげで何とか期限までの提出に間に合いました!」
・「作成したデータのチェック、ありがとうございます!ミスがあったことを教えていただいたことで恥をかかずに済みました!」

というようなことを書いて送ることで相手との距離を縮めることや
コミュニケーションをとるきっかけにつなげることができるメリットがあります。

サンクスカード書く

用意するものも少なく、
すぐに導入できることからもおすすめできるポイントです。


 
 
 
 

コミュニケーションの減少はトラブル発生の原因に!

そもそもコミュニケーションが少ないというのは、
多くの社員がいる場所であると危険です。

その理由として仕事でわからないことがあった場合、

他の社員に聞くことができずに「分からないけれど多分、こういうことだよね…?」と

独断で判断してしまうことで他の社員に迷惑が掛かってしまう可能性もあります。

これを防止するためにも
コミュニケーションの活性化を重視することが大切です。

社内には
コミュニケーションをとるのが苦手な社員もいるかもしれません。

ですが「分からないことはすぐに聞く」という意識を持たせるのが
トラブルの対策になり、コミュニケーションの活性化に少しではありますが効果が表れると思います。

サンクスカードを導入することで
さらに良い効果が期待できるかもしれません。


 
 
 
 

コミュニケーションが活性化すればテレワークでも作業効率が上がる!?


このことからコミュニケーションが活性化すれば、
作業効率が上がることが分かりますね。

これは普段通り社内で仕事を行っているときでも当てはまります。

テレワークでは
すぐに聞いても返信が返ってくることが難しいというデメリットがあります。

ですがそれはお互いに「すぐに返信する!」と意識するだけで

解決できる問題なので多くコミュニケーションをとることを

意識するようにすることで活性化させることができます。


 
 
 
 

テレワークが活性化することで社員増加のチャンス!


テレワークを行う理由に
育児や介護との両立、午前中だけでも働きたいという理由など
さまざまなものがあげられます。

テレワークの社員が増えることで
社員の負担が減ることが分かります。

サンクスカードにはスマホアプリになったサンクスカードアプリというものがあり、

テレワークでもスマホひとつでコミュニケーション活性化が期待できます。

これを機に導入してみてはいかがでしょうか?
 
 
 
 
サンクスカードが使いやすいアプリになりました!
サンクスカードアプリの詳細はコチラから⇓
バナー

テレワークで心配になるコミュニケーション、その活性化方法がこちら!

テレワークで心配になるコミュニケーション、その活性化方法がこちら!

低価格で導入コストの心配いらず!
サンクスカードについては、
下記フォームより気軽にお問い合わせください。
▼▼▼

お問い合わせはこちら

会社名*必須

会社名カナ

ご担当者名*必須

ご担当者名カナ

連絡先電話番号

Email*必須

確認Email*必須

お問い合わせ種別

お問い合わせ内容
*必須

個人情報保護方針

お申し込み
〜導入までの流れ

申し込みフォーム送信

申し込みフォームから内容の記入をお願いします。

お申し込みフォームへ

利用者情報一覧表を提出

利用者情報一覧表をダウンロードしていただき項目をご記入後、弊社のセキュア通信システムを通じご提出いただきます。

利用者情報一覧表をダウンロード

利用者情報一覧表を提出する

担当営業から連絡

弊社担当営業からすぐにご連絡。お申し込み内容を確認させていただきます。

弊社にて登録作業後、運用開始

登録作業完了後にご連絡差し上げます。お客様からの必要ファイルを受領後、最短5営業日で運用開始になります。

loading